高速スケートリンクの開発 Development of high-speed ice-skating rink

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

氷の摩擦が結晶面によって変わり,(0001)面が摩擦最小になることに着目し,氷の結晶面をコントロールすることによって,より滑る高速スケートリンクの開発を試みた.天然の氷筍が巨大単結晶になることに注目し,4800個の点滴装置をもつ氷筍育成装置が試作された.単結晶の氷筍1200本から(0001)面を切り出した.その氷片3.6万枚を,ショートトラックリンクに張り付けた.テストスケートによる滑走テストを行った.動摩擦係数は張り付け前のリンクに比べ22%も減少したことから,高速スケートリンクになったことが確認された.

It is known that the friction coefficient of ice is the lowest on the basal plane (0001) of ice. A high-speed skating rink was planned by the control of surface ice crystallography; thirty-six thousands ice plates with the (0001) plane were frozen to the surface ice of the short-track rink at Teisan ice skate trainning rink (Minami maki Village, Nagano). These plates were cut from artificially grown single crystal ice-stalagmites. The friction coefficient of the rink ice was obtained from the measurement of sliding distance of ejected test-skates. The friction coefficient of ice stalagmite rink was 22% less than that of the original surface.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 60(5), 349-356, 1998-09-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002384131
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4558335
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ