南極H15雪氷コアに記録された過去300年の火山シグナル The last 300-year volcanic signals recorded in an ice core from site H15, Antarctica

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

南極みずほ高原H15地点(69°05'S,40°47'E)で得られた120.2m深のコア解析により,19のバックグランドレベルを超える高い硫酸イオンのピークが検出された.コア年代は,固体直流電気伝導度(ECM)ピークを数える方法に基づいて推定した.この年代に基づくと,19の硫酸イオンピークの内,11のピーク年代が,20°N以南の低緯度地域に位置する火山の大規模噴火,もしくは南極周辺の火山の中規模噴火年代と一致することがわかった.これらの火山シグナルは,みずほ高原周辺のコア年代の示準層となる可能性がある.

Nineteen high peaks of non-sea-salt sulfate (nssSO<SUB>4</SUB><SUP>2-</SUP>) which exceeded summer peaks of marine biogenic SO<SUB>4</SUB><SUP>2-</SUP> (background SO<SUB>4</SUB><SUP>2-</SUP>) were found in an ice core from site H15 (69°05'S, 40°47'E) in Mizuho Plateau, East Antarctica, which covers the last 300 years. Eleven peaks among them were ascribed to explosive volcanic eruptions on the basis of ages estimated by counting acidity-induced summer peaks of electrical conductivity. The major volcanic signals originating from the following volcanic eruptions are key beds for dating of ice cores from East Antarctica: El Chichon in 1982, Nilahue in 1955, Cerro Azul in 1932, Manam and Kelut in 1919, Deception Island in 1912, Tarawera in 1886, Krakatau in 1883, Cosiguina in 1835, Galunggung in 1822, Tambora in 1815 and an unknown volcano in 1809.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 61(1), 13-24, 1999-01-15 

    The Japanese Society of Snow and Ice

参考文献:  32件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  5件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002384229
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4638562
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ