カムチャツカ半島ウシュコフスキー氷冠における雪氷コア堀削 Ice core drilling at Ushkovsky ice cap, Kamchatka, Russia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

カムチャツカ半島ウシュコフスキー氷冠において雪氷コア掘削ならびに現場解析を実施した.標高3,901m,氷厚240mを有するK2地点に総計2.4トンの物資をヘリコプター輸送し,1998年6月20日から30日にかけて雪氷コアを掘削した.総掘削回数307回,総掘削時間103時間で全長211.7mの雪氷コアを採取した.掘削終了後,20m毎に掘削孔壁の温度を測定した.深度10mは-15.7℃,底部211.7mは-4.2℃であり,表面からほぼ直線的に漸増する温度垂直分布が得られた.掘削と並行して,層序観察,バルク密度測定,ECM(固体電気伝導度)測定,デジタルビデオによるコアの撮影を行った.現場解析ができた表面から深度141mまでのコアによれば,55m付近の氷化深度以浅では,コアは融解・再凍結氷と融解を経験していないフィルンからなり,氷化深度以深では融解・再凍結氷と圧密氷との互層から構成されていた.深度141mまでのコア中には目視できる火山灰だけでも183層が確認され,そのうち2層が火山灰の特徴から噴出年代が特定された.ECMとビデオ撮影したコアのモザイク画像とを比較した結果,ECMシグナルは火山灰層で低下,融解・再凍結氷層で上昇する傾向が見られた.一方,高所における掘削オペレーションであったため,人員の健康面での各種データを採取し,高所順応の個人差を考察した.

Ice-core drilling and <I>in situ</I> ice-core analyses were carried out at Ushkovsky ice cap, Kamchatka, Russia. After transporting approximately 2.4 tons of a drilling system and camping equipments to the summit of the ice cap, ice-coring was operated at Site K2 (3, 901 m a.s.l.; ice thickness 240 m) from June 20 to 30, 1998. During 307 drilling runs in 103 hours, ice cores of 211.7 m in total length were recovered and the temperature of borehole-wall was measured down to 211.7 m. Temperatures at 10 m depth and the bottom of the borehole were -15.7°C and -4.2°C, respectively, showing a linear temperature increase with the depth. Ice cores were subjected to stratigraphic observation, bulk density measurements, electrical conductivity measurements (ECM) and imaging the whole length of ice cores with a digital video camera. <I>In-situ</I> ice core analyses of upper 141 m revealed that shallow cores above the pore close-off depth at about 55 m were composed of melt-frozen ice and dry firn, and of melt-frozen ice and compacted ice below that depth. There were 183 volcanic ash layers in the ice cores down to 141 m, and two ash layers were dated as specific erupted ashes by their facies. ECM signals were high at ice layers and reduced at volcanic ash layers. In addition to the glaciological work, the influence of high altitude on the physical conditions of members was studied.

収録刊行物

  • 雪氷  

    雪氷 61(1), 25-40, 1999-01-15 

    日本雪氷学会

参考文献:  20件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002384262
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00131221
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03731006
  • NDL 記事登録ID
    4638616
  • NDL 雑誌分類
    ZM43(科学技術--地球科学--気象)
  • NDL 請求記号
    Z15-23
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ