モデル実験装置を用いた^<60>Coおよび^<192>Ir金属の飛散率の測定 Measurement of Airborne Dispersing Ratio of ^<60>Co and ^<192>Ir Metals

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

密封線源を製造する作業に近い状態のモデル実験装置を試作し, 実際に用いられる金属状の<SUP>60</SUP>Coおよび<SUP>192</SUP>Irペレットの飛散率の測定をした。<BR><SUP>60</SUP>Coの飛散率は最大で1.6×10<SUP>-8</SUP>, <SUP>192</SUP>Irでは8.0×10<SUP>-10</SUP>であった。また, 飛散粒子の放射能分布から粒径分布を推定した。

<I>The airborne dispersing ratios of</I> <SUP>60</SUP>Co <I>and</I> <SUP>192</SUP>Ir <I>metals were measured in model experiments, that simulated the conditions of actual operations to manufacture sealed radioactive sources of metal pellets</I>.<BR><I>The airborne dispersing ratio of</I> <SUP>60</SUP>Co <I>was determined to be less than 1.6×10</I><SUP>-8</SUP>, <I>and that of</I> <SUP>192</SUP>Ir <I>less than 8.0×10</I><SUP>-10</SUP>. <I>The size and distribution of the airborne dispersed particles were also estimated</I>.

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 44(1), 10-18, 1995-01-15 

    Japan Radioisotope Association

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002390022
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    3599679
  • NDL 刊行物分類
    NG7(安全管理)
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ