テクネチウムの土壌中存在形態に関する考察 -抽出実験におけるpHおよび酸化還元電位(E_h)の経時変化- Consideration on Extraction of Technetium from Soil -Time Dependence on pH and Redox Potential (E_h) in Leachates-

この論文をさがす

著者

    • 田上 恵子 TAGAMI Keiko
    • 放射線医学総合研究所環境放射生態学研究部 Division of Radioecology, National Institute of Radiological Sciences
    • 内田 滋夫 UCHIDA Shigeo
    • 放射線医学総合研究所環境放射生態学研究部 Division of Radioecology, National Institute of Radiological Sciences

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 44(8), 528-530, 1995-08 

    日本アイソト-プ協会

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002391303
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    SHO
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    3633042
  • NDL 刊行物分類
    SC731(放射線医学)
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ