低線量率^<137>Csγ線のマウスへの長期照射における吸収線量の評価 Estimation of the Absorbed Dose to Mice in Prolonged Irradiation by Low-Dose Rate γ-Rays from ^<137>Cs Sources

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

マウスに対する低線量放射線の晩発効果を研究する目的で, 長期にわたり低線量率の電離放射線を準連続的に照射する施設として, 低線量生物影響実験棟が青森県六ヶ所村の (財) 環境科学技術研究所 (IES) に建設された。照射施設の領域には<SUP>137</SUP>Csを線源とするγ線照射室が3室ある。<BR>研究の開始に先立って必要となる各照射室の内部の放射線場によるマウスの吸収線量の見積りを行った。目標とする各照射室でのマウスの吸収線量は, 約400日間で8000, 400, 20mGyである。この値に到達するべく, 次の2段階の方法でマウスケージと架台の位置を決定した。<BR>(1) 2種類の電離箱型線量計 (電離容積12mlおよび1200ml) による位置の決定。<BR>(2) 電離箱型線量計で決めた位置に置いたケージ内での, マウス腹腔内に埋め込んだ熱ルミネセンス素子による吸収線量の直接測定による確認。<BR>これらの線量測定は, 実際の照射条件 (線源の高さ: 床上1m) で行った。線量率の空間分布は, すべての照射室で逆2乗則からはずれており, また, どのような幾何学的対称性も示さなかった。線量の不確定さは8000mGy群で12%, 400mGy群で17%, 20mGy群で35%であった。今回得られた値をもとに, 照射日数が各照射室で架台ごとに決められ, 照射実験が1996年2月から開始された。

<I>A prolonged irradiation facility to study late effects on mice by continuous</I> γ-<I>ray irradiation at low-dose rates was established at the Institute for Environmental Sciences (IES), Aomori prefecture, Japan. Before starting studies of late effects, the absorbed doses to mice were estimated in detail. Three</I> <SUP>137</SUP>Cs γ-<I>sources were individually used to expose mice in three irradiation rooms. The cages for mice were arranged so that the mean absorbed doses in the abdomen of a mouse would reach 8000, 400, 20mGy by exposures for about 400 days in respective rooms. The positions of the cages on the shelves of racks were presumed by using two air-ionization chambers whose ionization volume were about 12 and 1200</I> ml, <I>respectively. Furthermore, by inserting TLD phosphors into the abdomens of mice, the absorbed doses were directly obtained under the actual exposure conditions</I>.<BR><I>The absorbed dose distributions in air at the source level above the floor never showed an inverse-square law behavior with the distance from the source, and also never showed geometric symmetry in every irradiation room. Except for errors concerning the positions of the racks and cages, the uncertainties in the exposure doses were estimated to be about ±12% for a 8000</I> mGy <I>group, 17% for a 400 mGy group and 35% for a 20 mGy group</I>.

収録刊行物

  • Radioisotopes  

    Radioisotopes 46(12), 904-911, 1997-12-01 

    Japan Radioisotope Association

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002392294
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00351589
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00338303
  • NDL 記事登録ID
    4365079
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学) // ZN36(科学技術--原子力工学・工業) // ZP2(科学技術--化学・化学工業--物理化学) // ZS45(科学技術--医学--放射線医学)
  • NDL 請求記号
    Z15-20
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ