最適緩衝設計手法の応用 第2報 : 段差を有する製品への適用 The Application of the Optimum Cushioning Design Method for Packaging The 2nd Report : The Application to the Product with a Step

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本包装学会誌 = Journal of packaging science & technology, Japan

    日本包装学会誌 = Journal of packaging science & technology, Japan 4(2), 104-114, 1995-04-30

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

  • <no title>

    中嶋隆勝

    材料 41(460), 28, 1992

    被引用文献2件

  • <no title>

    中嶋隆勝

    日本機械学会論文集C編 59(558), 624, 1993

    被引用文献3件

  • <no title>

    中嶋隆勝

    日本包装学会誌 2(2), 85, 1993

    被引用文献3件

  • <no title>

    中嶋隆勝

    日本包装学会誌 3(3), 141, 1994

    被引用文献3件

  • <no title>

    豊田実

    新包装技術便覧1 1264, 1971

    被引用文献1件

  • <no title>

    HARRIS C. H.

    Shock and Vibration Handbook 3 41,39, 1961

    被引用文献2件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002393079
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10475307
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09185283
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ