包接水和物(クラスレート・ハイドレート) Clathrate Hydrates

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

包接水和物 (clathrate hydrates) は氷に似た特定の結晶構造を持つ固体混合物群の総称である. 単に"クラスレート"と略称されることも多いこの物質群は, 最近, 夜間電力による蓄冷, 二酸化炭素の海洋投棄, さらにはエネルギー資源としてのメタンハイドレートの探査など, エネルギー問題のいろいろな側面に顔を出す. 本稿ではこのような包接水和物に関し, 物理化学的基礎事項の他に, その発見や研究の歴史的経緯, エネルギー技術との関わりなどについて概説する.

Clathrate hydrates are a class of crystalline solids which have increasing relations to energy technology and environmental sciences. Fluorocarbon hydrates as cool storage media for residential air conditioning, CO<sub>2</sub> hydrate to be formed by disposing fossil-fuel-originated CO<sub>2</sub> into deep oceans, and methane hydrate as a potential energy resource and/or a source of increasing global warming are among principal examples of such clathrate hydrates. This article gives a historical survey of clathrate-hydrate research, introductory descriptions of molecular structures and phase equilibria of clathrate hydrates, and the status of our current knowledge on the behavior of clathrate-hydrate formation at liquid-liquid or liquid-vapor interfaces.

収録刊行物

  • 熱物性 : Japan journal of thermophysical properties  

    熱物性 : Japan journal of thermophysical properties 9(2), 98-105, 1995-04-30 

    JAPAN SOCIETY OF THERMOPHYSICAL PROPERTIES

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002394880
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10064743
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0913946X
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ