ソーラーポンドに用いられるNaCl水溶液の全透過率算出のための簡便式 Conventional Equation for Calculation of Total Transmittance of NaCl Water Solution Used to Solar Pond

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 李 相一 LI Xiang-Yi
    • 北見工業大学機械システム工学科 Dept. of Mechanical Engineering Kitami Institute of Technology
    • 馬場 弘 BABA Hiromu
    • 北見工業大学機械システム工学科 Dept. of Mechanical Engineering Kitami Institute of Technology

抄録

ソーラーポンドの熱媒体として用いられるNaCI水溶液の分光透過率測定データを用い、0~3mの範囲内で太陽光の天頂角(本文ではエアマスに変換して考える)を考慮した、各塩水濃度に対するポンド水深の全透過率の積分計算を行った。それに基づいて、全透過率に対するポンド水深、エアマスおよび濃度の影響を検討し、これら三つの変数を含む全透過率の計算のための簡便式を提案した。エアマス1~5、塩水濃度0~25%、ポンド水深0~3mの範囲での計算を行い、分光透過率から波長積分で得られた正確な計算結果と比較し、簡便式によりほぼ5%以内の誤差率(平均誤差率3.2%)で計算できることを確認した。

From the measurements of the spectral transmittance of NaCl water solution used to working fluid of solar pond, taking salinity concentration and air mass of solar radiation into consideration, first the total transmittance was calculated by integrating over 0.3∼1.2μm of the wavelength for 0∼3m of water depth of the solar pond. Based on the result, next a conventional equation in which three paramenters of salinity concentration C, air mass Am and pond depth X were included was proposed for calculation of the total transmittance of pond water. For 0∼25% of concentration, 1∼5 of air mass and 0∼3m of pond depth, the total transmittance was calculated using the conventional equation, and the result calculated was well compared with the exact calculations by the integral method.

収録刊行物

  • 熱物性 : Japan journal of thermophysical properties  

    熱物性 : Japan journal of thermophysical properties 11(2), 34-38, 1997-04-30 

    JAPAN SOCIETY OF THERMOPHYSICAL PROPERTIES

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002395773
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10064743
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    0913946X
  • NDL 記事登録ID
    4203758
  • NDL 雑誌分類
    ZM35(科学技術--物理学)
  • NDL 請求記号
    Z15-524
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ