陽極酸化層の改質によるAl合金の疲労強度向上について Improvement of fatigue strength on anordized Aluminum alloy due to modification of its anordized layer

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本材料強度学会誌

    日本材料強度学会誌 30(4), 127-138, 1996-12-01

    日本材料強度学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

  • <no title>

    甚田政博

    富山大学学位論文, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    金属表面技術協会

    金属表面技術便覧 581, 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    竹内勝治

    アルミニウム合金の疲労強度 174, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    蛭川寿

    第3回インテリジェント材料シンポジウム講演要旨集 25, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    宮原健介

    第3回インテリジェント材料シンポジウム講演要旨集 28, 1994

    被引用文献1件

  • <no title>

    サムソノフ

    最新酸化物便覧 190, 1978

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002398408
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00189877
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02864010
  • NDL 記事登録ID
    4118963
  • NDL 雑誌分類
    ZM16(科学技術--科学技術一般--工業材料・材料試験)
  • NDL 請求記号
    Z17-578
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ