PTV法による幅の狭い開水路流れの乱流構造に関する検討 Turbulence Structure Investigated by PTV in a Narrow Rectangular Open Channel

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

幅の狭い開水路流れの空間構造を把握することを目的として, PTV法による可視化計測を行った。その結果, 主流流速及び直交流速に加えて2次元発散や平面渦度などの乱流量の空間的な分布特性を検討する。さらに, これらの特性量の時間平均化された空間配置の相互関係が外層領域におけるPlandtlの第2種2次流の分布に密接に関係することを示す。

PTV (Particle Tracking Velocimetry) is used to investigate the turbulence structure in a narrow rectangular open channel. Instantaneous velocity fields are measured by a visualization technique. As the result, spatial distribution of the two-dimensional divergence and the vorticity are also shown. It is recognized that the mutual relationship among these quantities of the time-averaged distribution is strongly affected by the secondary-flow in an outer region of the transverse cross-section in the channel.

収録刊行物

  • ながれ : 日本流体力学会誌  

    ながれ : 日本流体力学会誌 16(6), 511-523, 1997-12-15 

    The Japan Society of Fluid Mechanics

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002443001
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00175191
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    02863154
  • NDL 記事登録ID
    4377929
  • NDL 雑誌分類
    ZM17(科学技術--科学技術一般--力学・応用力学)
  • NDL 請求記号
    Z14-911
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ