大気環境保全と廃棄物の処理・処分 Recent Exertions for Air Pollution Control and Their Relation to Treatment and Disposal of Wastes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

最近, 大気環境の保全およびこれに関連した有害化学物質の管理について, 国内外で大きな動きが始まっている。そこでまず, OECDやUNEPをはじめとする各種の国際機関における大気環境管理と有害化学物質管理に関する動向, および米国やドイツをはじめとする先進諸国の大気汚染管理と有害化学物質管理の制度の現状を紹介した後, 日本における国および先進的な自治体の新しい大気汚染管理と有害化学物質管理の動向を紹介した。その上で, 廃棄物処理が大気環境保全に貢献している例として, 排ガス等から回収された廃溶剤の精製・再利用の実態と焼却分解の実態を示し, 大気環境保全政策の推進のためには, 廃棄物関係業者の育成が必要であることを論じた。また, 廃棄物の収集, 運搬, 貯蔵, 再生あるいは焼却処理および最終処分に伴って排出される揮発性有機物, 地球温暖化ガスおよびダイオキシン類をはじめとする遺伝子毒性物質についての現状を示し, 改善の必要性と方向を論じた。

Recently, various exertions for air pollution control and chemical management are being taken by international organizations and many developed countries. This is due to the fact that long-term influences of various chemicals are causing serious problems to human health, eco-systems and the global environment. The Environment Agency, the Ministry of Industrial Trade and Industry and several local governments in Japan are repleting various policies for these problems.<BR>In this report, these recent exertions are first introduced. Next, contributions of waste treatments such as the reclamation and incineration of waste solvents on the air pollution control are made clear, with future problems discussed. In particular, it is shown that waste treatment industries need to be promoted for developing air pollution control and chemical management. Further, influences of treatment and disposal of wastes on global and regional air pollution are discussed. Most importantly, it is pointed out that emission of global warming gases and genetoxic substances should be investigated and controled more strictly.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(1), 58-66, 1996-01-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  27件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002443859
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ