容器包装リサイクル法の経済学的検討 Economoc Analysis of Packaging Waste Recycling Law

この論文にアクセスする

この論文をさがす

抄録

容器包装リサイクル法は, 近年欧州で主流となっている生産者責任概念に基づいた廃棄物政策の一環であると捉え, そのなかでの位置づけを行った。そして, リサイクルの経済的な最適水準をめぐる議論から, 容器包装リサイクル法の意義が廃棄物処理市場を資源市場に優越させることにあることを示した。この二つの市場の調整という観点から, 容器包装リサイクル法に基づいて現れるであろうリサイクル過程における市場的な需給調整機能と非市場的な需給調整機能について, その特性と意義, 欠陥について経済学的な分析を行った。これらを踏まえ, 容器包装リサイクル法は短期的な政策目標であるリサイクルの拡大には有効であるが, なお大量リサイクル社会に至る可能性を残しており, 長期的な政策目標である循環経済の観点からは, なお課題が残されていることを指摘した。

Japanese Packaging Waste Recycling Law (PWRL) is a kind of waste management policy based on Producer Responsibility which is currently the mainstream in European countries. In this article, the position of PWRL is defined in this context. In view of the economics of recycling and waste disposal, PWRL's most significant point is its superiority in waste management market to material market in the recycling process. PWRL has two systems for coordinating demand and supply of recyclables: Market based system and Non-Market based system. Characteristics of these two systems are analyzed based on a simple economic model. PWRL is basically effective in promoting recycling which has a short-term policy objective, but some of its characteristics promote not only recycling but also consumption, such as "Mass-Production, Mass-Consumption, Mass-Recycling society", is far from PWRL's long-term policy objective- "Circular Society".

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(1), 67-78, 1996-01-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002443887
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ