既存のリサイクル・システムの改善実験 Improving an Existing Recycling System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

既存のリサイクル・システムに数々の問題点が存在することは明らかである。本研究では, 問題点の指摘だけにとどまらず, 既存のリサイクル・システムを実質的に改善しようと試みた。<BR>本研究では, アンケート調査を通じてリサイクル・システム改善のために必要な情報を明らかにし, その情報を適切な形で取り入れたハンドブックを作成配付した。<BR>このアプローチによる改善効果の有無は, ハンドブック配付後のリサイクルにおいて回収される資源の量の増減によって評価される。<BR>ハンドブック配付後のリサイクルにおいて, 回収される資源の量は増大した。このことから, 本研究で採用されたアプローチによる改善効果が存在することが示された。

The recycling system running at the Graduate School for four years was in need of improved participation. A questionnaire survey was carried out within the school, and a recycling manual composed and distributed to every room on campus. Data provided on the weight and composition of the haul by the recycling company provided a means to discriminate any effect of this survey and the distribution of the recycling manual. An increase was observed, as well as seasonality in both the weight and composition of the haul of recycled materials and a bulge in the weight of the haul upon a change in the administration of the Graduate School. This last phenomenon is suggested to be similar to that of the waste bulge after a natural disaster.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(1), 79-84, 1996-01-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002443895
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ