市民とごみ再考 -ごみ問題を市民, 地域レベルで再考する- Reconsideration of the Relationship Between Citizens and Waste

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ごみ問題を始めとする資源環境問題を考えるとき, わが国の社会経済システムを制度面で変革していく必要があるが, 社会経済の構成員である市民や, 市民の生活の場である地域の意識や行動もそれに併せて変革していくことも大切である。ここでは, 廃棄物研究財団が全日本自治団体労働組合の委託を受け地域調査計画研究所とともに, ごみ問題を市民地域レベルで再考し, ごみ問題に対する住民協力や地域の活性化をテーマに6回にわたり開催したフォーラムの概要を紹介する。

As we consider the problems of natural resource conservation and environmental protection including the reduction of waste, it is necessary to change Japanese social and economical structures as well as to change the consciousness and behavior of the citizens within their communities.<BR>In this report, we introduce an outline of six forums held by the Japan Waste Research Foundation in cooperation with the Regional Research and Planning Office, sponsored by the All Japan Prefectural and Municipal Workers Union, which aims to reconsider the relationship between citizens, community and waste.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(2), 168-177, 1996-03-21 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002443965
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ