廃棄物の不法投棄による環境汚染 -豊島の事例- A Case Study of Environmental Contamination Caused by Illegal Dumping of Hazardous Wastes

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

豊島に不法投棄された廃棄物は, 鉛, PCB, ダイオキシン類などの有害物質を含み, 約46万m<SUP>3</SUP>のうち87%が有害廃棄物の判定基準を超えていた。廃棄物の下の地下水も鉛やベンゼンなどが水質環境基準を超え, ダイオキシン類も検出された。海域の底泥や生物には, 廃棄物に起因する汚染は明確には見られないものの, 地下水の流れから考えて廃棄物に含まれる有害物質が海域へ漏出しているものと判断される。

A large quantity of hazardous wastes was illegally dumped on Teshima island. Toxic substances, such as lead, PCB and dioxins were detected in the wastes at high concentrations. These contaminants were also detected in the groundwater beneath the wastes. Environmental contamination caused by the wastes was not been clearly detected. However, considering the direction of groundwater flow, it is highly possible that the toxic substances included in the dumped wastes penetrated into the marine environment.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(3), 208-219, 1996-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  8件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002443988
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ