わが国における土壌・地下水汚染の修復 Remediation of Underground Pollution in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国でも, 最近になって土壌・地下水汚染の修復対策が数多く行われるようになってきた。過去には重金属による土壌汚染に対する封じ込め処理が多く行われてきたが, 最近ではハロカーボンの土壌・地下水汚染の修復が行われるようになってきた。<BR>ハロカーボン汚染の修復は, 当初は汚染土壌の掘削除去によって行われてきたが, 最近の事例では土壌ガス吸引や地下水揚水を組み合わせて実施している例が多い。さらに, 汚染土壌の掘削除去や生石灰混合などの対策も併せて実施されている。多くの事例で1ton以上のハロカーボンが除去されているが, 積極的な地下水利用によって, さらに多くのハロカーボンが除去されている。<BR>廃棄物の不適正な処分に伴う汚染の修復には, 特に多様な対策を組み合わせて実施する必要があるが, 修復対策を進めていくには, 対策を終了あるいは切り替える際の考え方を整理するなどの課題を解決する必要がある。

In Japan, the remediation of contaminated soil and groundwater have been increasingly carried out. At the start, stabilization and solidification processes have been used for soils which were contaminated by heavy metals. Recently, in many cases soil vapour extraction and pumping up of groundwater are together used to remove volatile organic compounds from contaminated soil and groundwater. Excavation of contaminated soil or mixing of caustic lime with soil were also used in some cases.<BR>In most cases, more than one ton of volatile organic compounds were removed from soil and groundwater by vapour extraction, pumping up and so on. But, a greater volume of compounds was removed by positive uses of groundwater for various purposes.<BR>In order to promote the remediation of contaminated soil and groundwater, methods for accessing the risk caused by contaminated soil and groundwater must be developed.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(3), 220-227, 1996-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  4件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002443998
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ