欧州の土壌汚染修復とその展望 -オーストリア・ドイツを中心として- Legal Systems for Remediation of Contaminated Sites in European Countries

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

欧州諸国において, 土壌汚染修復を推進する法制度の整備は着実に進行している。オランダ, イギリスのほか, 本稿で取り上げるオーストリア, ドイツもその例外ではない。オーストリアでは1989年制定のアルトラステン修復法によってAltlasten課徴金制度が創設され, その財源によって汚染調査と修復を円滑に進める制度が整備されている。ドイツにおいてはベルリン市の新法が成立し, 連邦においても土壌保護法参事官草案の最新版 (1996年3月) が公表されて, 国会提出へ向けての作業が進められている。

Legal systems for remediation of contaminated sites in European countries are in the phases of establishment or refinement, but the speed of the government work is pretty high. For example, the Austrian Act for the Clean-up of Contaminated Sites was enacted in 1989 and revised in 1992 and 1993. The main features of Austrian System are that waste-contribution was founded and that the subsidies for the clean-up of contaminated sites are paid even to polluters. In Germany, the latest draft of the Federal Soil Protection Act was made on March in 1996. This draft is expected to pass through parliament, but some professors and lawyers estimate that the draft doesn't have a good chance.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(3), 238-246, 1996-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  46件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002444014
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ