汚染修復対策技術 Contamination Remediation Technology

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

土壌・地下水汚染が深刻な問題となっている米国では, 汚染源対策の70%以上がコストベネフィットの観点から, 恒久修復型の浄化処理で実施され, コストパフォーマンスのある浄化専用技術の開発が推進されている。一方わが国では, 汚染顕在化の件数が少なく, 技術の適用実態が客観的に把握されているとはいい難い状況にあるが, 公表されている対策技術の過半数が封じ込め関連である。本稿では, 海外の情報も参考にしながらわが国における技術動向を紹介する。また, 導入技術も含めてわが国で利用できる技術を, 対策を実施する視点からみて, 対策の目的別, 適用対象の媒体別, 適用汚染物質の種類別に整理し概説した。さらに, 揮発性有機塩素化合物, 重金属およびPCBの各汚染地を想定して, 調査から浄化までの一連の作業をケーススタディとして行って, 積算した浄化費用についても, 土壌環境浄化フォーラムの活動成果の中から紹介する。

In the U. S. where soil and groundwater contamination is a serious problem, more than 70% of the remediation is in the form of permanent clean-up for cost-benefit consideration and innovative dedicated technologies with good cost performance are being developed. In Japan, the state of applications for remediation technologies have not yet been objectively confirmed because of the limited number of contamination cases to have surfaced. However, most of the remediation measures which have been published are containment-related.<BR>This paper introduces relevant technical trends in Japan, referring also to overseas situations. It outlines Japanese and imported remediation technologies from the users' viewpoint, classified by objectives, subject media and pollutants. Also, assuming respective contamination sites by volatile chlorinated organic compounds, heavy metals and PCB, it introduces remediation costs integrated from a series of case studies ranging from survey to clean-up. These were obtained through the activities of the Japan Forum for Soil Environmental Remediation.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(3), 256-269, 1996-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002444066
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ