RDFの有効性に関する検討 -LCA的視点を含めて- A study on the Availability of Refuse Derived Fuel -Including the Life Cycle Assessment Viewpoint-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

いまや, 環境保全と資源有効利用は世界的な課題となっている。都市系廃棄物の焼却処理は有害物の分解や減量化等に有効であるばかりでなく, 高いエネルギー回収の可能性を持っており, より一層の性能向上が望まれている。現在, さまざまな高効率化の方策や新しい燃焼システムが提案されているが, そのうちの一つとしてRDFが注目されている。ごみをRDF化するためにはエネルギーを必要とするが, 高い効率でエネルギー回収を行え, 効率的処理方法となる。<BR>ここではまず, 従来のごみ発電システムのライフサイクルでのエネルギー分析結果を示した。次に廃棄物組成をパラメーターとしてRDF発電の有効性を従来システムと対比して比較した。さらに, 両者に対してわれわれが提案しているLCA手法を用いて比較検討した。

Environmental protection and resource conservation are now major issues all over the world. Incineration can be an effective technique for disposal and energy recovery from municipal solid waste because it can destroy hazardous materials and significantly reduce mass and volume. It also possesses a relatively high potential for energy recovery.<BR>The various kinds of high efficiency systems for waste-to-energy are developed and proposed. RDF (Refuse Derived Fuel) is included as one of these systems. The production process for RDF is required energy input, but energy can be recovered from RDF with high efficiency.<BR>In this research, we first conducted a life cycle energy estimation for the conventional waste-to-energy system. This includes transport of waste and ash, construction, operation and maintenance of the plant and landfill site. Secondly, a power generation system using RDF was compared to the conventional system for performance of substantial electric power supply and for the life cycle assessment procedure proposed in our previous studies.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(4), 282-293, 1996-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002444087
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4028579
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ