RDF(ごみ燃料)の技術評価 Technical Evaluation of Refuse Derived Fuel (RDF)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年, ごみ量の急増の傾向や埋立処分地の逼迫しているわが国では, ごみの減量化は, 処理の目的の中で大きなウエイトを占めるようになってきている。本文においては, この都市ごみ減量化および貯蔵可能なエネルギー回収技術として注目されているRDF (Refuse Derived Fuel: ごみ固形燃料) に関して, 技術的な側面を中心に概観してみた。<BR>内容としては, 1.廃棄物処理の現況とRDFのニーズ2.RDFシステムの開発経緯 (海外およびわが国) 3.RDF技術・システムにおける課題と対応策4.RDFの技術評価等を述べ, まとめとして, ごみの固形燃料化技術については, 基本的には, 固形燃料化施設の稼働実績もあり, 条件付きながら, 実用化が可能であると判断することができる。しかし, ごみの収集段階において, ごみ排出者の協力を得ながら不純物の混入を抑制し, 均質な材料が確保できるように分別システムを整えることが重要である。

Recently, due to a rapid increase in Municipal Solid Waste (MSW) generation and a shortage of final landfill sites here in Japan, the volume reduction of MSW is a very important subject for environmental preservation.<BR>For this situation, the RDF (Refuse Derived Fuel) process has been acknowledged for its volume reduction and as one of the storable energy recovery process.<BR>In this paper, the MSW disposal situation in Japan, the history of the development of RDF (in Japan and abroad), and RDF manufacturing processes including various sub-systems, are introduced. The technical evaluations of RDF are also described as follows :<BR>Composition of separately collected MSW<BR>Pretreatment equipment<BR>Pelletizing equipment<BR>Examples of RDF manufacturing processes<BR>Combustion technology of RDF<BR>Quality and use of RDF<BR>Calorific value of RDF<BR>Upscaling of RDF manufacturing plant

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(4), 294-304, 1996-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  6件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002444101
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4028580
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ