米国におけるRDFごみ発電の発展 Evolution of RDF Waste Energy Project in US

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 阿部 正 ABE Tadashi
    • フィナンシャル カタリスト インターナショナル Financial Catalyst International

抄録

米国ではマスバーン方式とRDF方式によるごみ処理発電が併存し, これらの方式によるごみ処理発電プロジェクトが競争しあって, それらの総合的メリット―プジェクトの初期投資額, 稼働率, 発電効率, 埋立スペースの節約, 大気汚染防止機器の効率等―の向上を追求している。この背景には, 大規模ごみ処理プロジェクトが, 私企業べースで行われ, プロジェクトの総合的メリットと採算性が常に重視されているという事実がある。日本で現在検討されているような固形化RDFのプロジェクトで成功裏に稼働しているものはない。総合的にみて日本でも実現されるべきであると思われるプロジェクトの一つにMasschusetts州のSEMASSプロジェクトがある。<BR>日本でも米国のRDFをめぐる歴史において, 単に"焼却の前に何らかの手が加えられた"という意味であるRDFが, その焼却を最も効果的にすると同時に環境にも優しい燃焼をするために炉の構造, ごみの燃焼の仕方をどう改良してきたのかについて調べて, 現在のごみの固形化が果たして長期的に日本に相応しい方法であるか, 再考をする必要があるのではないか。

In the United States, waste-to-energy projects based on mass burning and RDF systems have been competing with each other in order to realize the overall merits of the projects-such as low initial investment, efficiency of operation, efficiency of electricity generation, savings of landfill space, efficiencies in air emission control, etc. In this background, there exists the fact that large-size projects are implemented mainly on a private basis, which forces those people working on the project to make a considerable effort to attain the overall merits of the project and its self sustainability. There is no significant development of the RDF project based on pelletized RDF in the United States, due to economic reason.<BR>One of the most applicable projects to Japan among the RDF projects is SEMASS Project in Massachusetts.<BR>Through a short review of the evolution process of RDF projects, which simply mean fuel processed prior to combustion, further study on ways the waste were processed and combusted through improving the structure of boilers-making it "dedicated" to the RDF boiler which can combust efficiently and with conditions acceptable to environment. It seems necessary to review whether the pelletizing of waste is a system fit for Japan considering the long term overall merits of waste-to-energy projects.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(4), 305-315, 1996-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002444107
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4028581
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ