ドリーム・フューエルセンターの建設について Construction of the Dream Fuel Center

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ごみの焼却施設が老朽化し, 更新時期が迫っている中で住民同意を得る必要とともに, エネルギー利用や資源化が求められていた。しかし, 人口規模2万5千人の自治体にとって, 電力回収はおろか温水プールへの利用などはできない状況であった。<BR>生石灰を添加剤にした反応固化方式による固形燃料化施設を導入することで, 従来やっかいものとされていた生ごみを含む可燃ごみが燃料として生まれ変わる。この固形燃料は必要な場所で, 必要なときに, 必要な量だけ利用することが可能になった。<BR>焼却施設は固形燃料の製造工場として生まれ変わり, 出来た燃料は市内のセメント工場で使用され, 焼却灰もセメントの原料として使用される。<BR>市では, この新しい施設を「ドリーム・フューエルセンター (夢の燃料化施設) 」と命名し, 今年12月完成に向け進んでいるところである。

As incineration facilities aged and the time came due for overhauls, it became necessary to gain a consensus among local residents, as well as consider energy use and resource processing. However, the local government of a township with a population of 25, 000 people faced the situation where it was not only impossible to recover power but also impossible to use it for such things as heated pools.<BR>Through the introduction of a solidified fuel facility which uses the chemical solidification method employing crude lime as an additive, raw refuse that was before considered to be a nuisance can be combusted and turned into fuel. It is then possible to use this solidified fuel wherever and whenever it is needed, and in the necessary amounts.<BR>Waste incineration facilities can be turned into production plants for solidified fuel. The fuel that is produced will be used at one of the city's cement factories as incineration ash and as the raw material for cement. This facility has been named the Dream Fuel Center by the city, and is scheduled to be completed by December 1996.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(4), 326-337, 1996-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002444120
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4028583
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ