地球にやさしい ごみ固形化処理施設の取り組みと稼働 Facility and Operaation of Refuse Derived Fuel Systems for Urban Garbage

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

便利で豊かな使い捨て社会が進むなかで, ごみの排出量は増加し質的にも多種多様化してきた。これらを処理するための市町村の廃棄物処理施設は必要不可欠な施設ではあるが, ごみに対する嫌悪感や環境汚染に対する不安感などから, 施設の設置は極めて難しく各地でごみ処理施設計画が行き詰まり, 廃棄物の処理に支障が生じかねない状況になってきている。<BR>ただ単に燃えるごみを焼却するために莫大な社会資本を注ぎ込みながら, 多くの問題を提起してきた。燃えるごみ処理の極めて困難な状況から, 固形燃料化により容易に地域社会の同意が可能となる。固形化処理施設はそれ自体無公害施設であることに加え, その過程で不燃物は除去され, 水分を乾燥させ, 消石灰を投入することにより, 直接燃焼施設に比べ公害抑制が容易に行うことができる。さらに固形化が図られ燃焼効率が格段に向上し, 環境にやさしい地球にやさしい処理ができる。

A wide variety of rubbish in Japan simply goes to waste increasingly, as a result of a convenient, satisfied and non-recycling society. It is necessary to have a refuse-treatment-incinerator for urban refuse. Nevertheless, such a facility may not be easily put into use considering the scale of environmental pollution. So, attention is mainly focused on the refuse-derived-fuel (RDF) . In this facility, garbage is sent through a machine to separate the metals. It is then crushed, dried and formed into a cylindrical shape. During the drying process, calcium hydroxide is added to prevent dangerous chlorine gas from being emitted when the RDF is burned. The energy obtained from burning RDF can be used to heat water and produce electricity, if possible, while the amount of waste heat that remains after combustion is less than half that of direct incineration. RDF is clean and easily meets governmental standards for environmental pollution.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(4), 338-351, 1996-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002444121
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4028584
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ