都市ごみ処理における固形燃料化技術の実用性と今後の課題 Practical Use and Future Topics Concerning RDF Technology for Municipal Solid Waste Management

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国における一般廃棄物の排出とリサイクルの実態, ならびに可燃ごみのリサイクル状況について解説した。ついで, ごみ固形燃料化の主要技術の解説と稼働実績について紹介した。さらに, ごみ固形燃料の燃焼試験を行い, 環境への負荷の程度について測定した結果を紹介した。とくに, 排出ガス中のダイオキシン類濃度の特性について考察し, ごみ焼却処理時における排出濃度よりも低濃度であることを明らかにした。また, ごみ燃料化技術を廃棄物処理施設として整備する場合の手続きの経緯や国庫補助の特性について紹介した。

This paper highlights both disposal and recycling of municipal solid waste in Japan. It also shows some facility operation examples for the main technology of refuse-derived-fuel. Moreover, it introduces the RDF combustion test and the results of measuring its degree of risk against the environment. In particular, it shows the characteristic of PCDD concentration in exhaust gas and it makes clear that there is less concentration in burning RDF than there is in burning just waste. Finally, this paper introduces the topics of procedures and national subsidies for establishing Refuse-Derived-Fuel System technologies at waste treatment facilities.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(4), 352-362, 1996-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002444122
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4028585
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ