わが国の溶出試験方法の歴史と課題 The History and Problems of the Leachate Test in Japan

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃棄物を埋立等最終処分する場合には, 自然環境にとって安全であると判断される廃棄物でなければならない。そこで, 処分するために安定化等処理された廃棄物や処分される廃棄物の安全性の判断が必要である。<BR>わが国では, 法令で有害性のある廃棄物および有害物質を指定して, 最終処分の場所と方法によって異なるが, その物質の含有量や廃棄物からの溶出量を規定して有害性を定めている。そのため, 廃棄物の安全性や処理効果等を判断する方法として, 昭和48年に施行された「産業廃棄物に含まれる有害物質 (金属等) の検定方法」 (環境庁告示第13号) がある。<BR>この告示は, 国際的, 社会的な動きによる法令改正にあわせて, 有害性廃棄物や有害物質の追加指定および検定方法の改訂等, 十数回の改正を重ねてこれまで運営されてきている。いまでは, 廃棄物の最終処分等を行うための判断基準を得る方法の基本をなしているといえよう。これからも社会・経済の変動に即した対応がなされるものと思われる。ここで, 施行以来23年あまりを経過して社会情勢等も大きく変化しているので, これまでに行われた試験実施機関へのアンケート, 溶出試験改訂の検討会等をみながら, 告示の経緯を整理しておくことに意義があると考える。

When wastes are disposed in final landfill sites, they should be safe for the environment. Therefore, it is very important to access the safety of the stabilized and disposed wastes.<BR>In Japan, hazardous wastes and other substances is designated by law. If these substances leach from the final disposal sites into the environment, they will have serious effects. In judging the safety of the wastes and the effect of their treatment on the environment, there are guidelines enforced in 1973 by the Environment Agency: "The Determination of Hazardous Materials Contained in Industrial Wastes" (Notification No.13) .<BR>This Notification has been revised more than ten times due to the additional designation of wastes, international trends etc. At the present stage, the Notification is the basis for getting criteria on the final disposal of wastes. This Notification will be revised again in the future according to changes in society and the national economy.<BR>Over 23 years have passed since the Notification was published and social conditions have changed greatly. It is therefore important to arrange details, of the Notification, as well as to report the results of questionnaires to the public laboratories and revise the leachate test, etc.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌

    廃棄物学会誌 7(5), 371-382, 1996-09-30

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

  • <no title>

    (財)日本環境衛生センター

    廃棄物中有害金属等の溶出試験に関する研究報告書(昭和48年度環境庁委託研究), 1974

    被引用文献1件

  • <no title>

    (財)日本環境衛生センター

    廃棄物中有害金属等の溶出試験に関する研究報告書(昭和49年度環境庁委託研究), 1975

    被引用文献1件

  • <no title>

    (財)日本環境衛生センター

    廃棄物処分基準設定調査報告書(昭和50年度環境庁委託調査), 1976

    被引用文献1件

  • <no title>

    (財)日本環境衛生センター

    埋立処分地構造基準設定調査報告書(昭和51年度環境庁委託調査), 1997

    被引用文献1件

  • <no title>

    (財)日本環境衛生センター

    重金属埋立処分後の挙動調査報告書(昭和51年度-55年度環境庁委託調査), 1981

    被引用文献1件

  • <no title>

    廃棄物検定方法検討会

    「産業廃棄物の含まれる金属等の検定方法」等の溶出試験について(昭和58年度), 1983

    被引用文献1件

  • 特集 有害廃棄物 溶出試験方法の現状と展望

    金子 栄廣

    廃棄物学会誌 3(3), 182-191, 1992

    J-STAGE DOI 被引用文献22件

  • 産業廃棄物溶出試験の問題点

    千葉規

    生活と環境 32(5), 63-73, 1987

    被引用文献1件

被引用文献:  1件中 1-1件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002444126
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4056914
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ