溶出試験の基本的考え方 Leaching Tests for Waste Materials

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

焼却灰に関する国際ワーキンググループ (IAWG) の研究成果を中心に, 溶出試験の基本的な考え方について述べた。まず, 各国の現在の公定溶出試験法について整理し, 廃棄物の単位重量当たりの溶出した金属量を示す"溶出量"の考え方と, 廃棄物からの溶出量を溶出液のpHに着目して論ずるpH依存性試験について述べた。さらに, 最終処分後の最悪の状況下で溶出する可能性のある量 (最大溶出可能量) を把握するためのアベイラビリティ試験を紹介し, その一方で, 実環境での降雨量と廃棄物容量の比に基づいた, 液固比の低い溶出試験についても述べた。これらを踏まえ, 現在の告示法を短期的な溶出挙動を把握するための第一段階とし, 酸中和容量の低い廃棄物に関しては酸性条件下を, また酸中和容量の大きな廃棄物についてはアルカリ性の条件下での長期的な溶出挙動を把握する2段階の溶出試験の枠組みを提案した。

An overview on waste leaching tests is provided, describing the recent findings by IAWG (International Ash Working Group) . Information about the official leaching test procedure used in each country is presented first. Next, the conception of"release"is introduced. This means the leaching quantity per weight of waste, and the pH-dependent test, which treats the leaching data based on the final pH of leachate. Moreover, the Availability Test, which gives the leachable quantity under the worst conditions is introduced. Based on real rainfall and the mass of the waste at the final landfill, low L/S leaching tests are also described. Finally, considering the ANC (Acid Neutralization Capacity) of the waste, the two-stage batch test is proposed. The first step is to look at short-term leaching behavior where L/S is low and the leachant is distilled water. The second step is to look at long-term leaching behavior. In this step, L/S is high and the leachant is an acidic solution (for the low ANC waste) and a basic solution (for the high ANC waste) .

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(5), 383-393, 1996-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  36件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  19件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002444135
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4056915
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ