有害化学物質を含む廃棄物の溶出試験とその評価基準 Testing Methods and Standards for Toxic Chemicals in Waste Materials

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 森田 昌敏 MORITA Masatoshi
    • 国立環境研究所 地域環境研究グループ Regional Environment Division, National Institute for Environmental Studies

抄録

有害化学物資を含む廃棄物の溶出試験およびその評価基準について記述した。溶出試験は有害化学物質の水系を通じての物質移動について評価をするものであり, 化学物質の物理化学的性質に考慮をはらう必要がある。地下水等の保全の観点からも廃棄物の管理は重要であり, 厳しい基準が設けられている。現行の溶出試験を超えて, 今後の課題についても述べている。

Testing Methods and Standards for Toxic Chemicals in Waste Materials are discussed. The elution test has been used for evaluating contamination in aquatic systems, and the testing method depends on the physico-chemical nature of the contaminants. Waste management is important especially with regards to ground water preservation, and strict standards are given. Future subjects, beyond the elution testing method, are also discussed.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(5), 403-409, 1996-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002444189
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4056917
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ