廃棄物リサイクルと収集運搬システム Collection and Transportation System to Promote Recycling of MSW

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ごみのリサイクルの促進要請とともに, 分別収集, 再商品化施設の導入, 広域的処理の検討がされるようになったが, 収集運搬システムの解析が重要である。廃棄物処理の原則は, 発生抑制, リサイクルの促進, 中間処理による減容化, そして適正な最終処分である。都市ごみの処理の現状を見てみると, 収集後の資源化率は4.4%と低く, 減量処理率は85.6%と高い。ごみ量は増加, 直営の収集量は変わらず, 民間の収集運搬業者のそれは増加している。ごみ処理の収集運搬に要するコストは56%を占める。リサイクルのために分別収集は急速に普及すると思われる。収集運搬システムをめぐる外部環境の変化とシステムを評価する利便性, 経済性, 環境負荷に影響する要因を概説した。収集運搬の改善を現状解析, 影響評価, 改善提案で行うことができる。

It is important to analyze a collection and transportation system when separate collection, recycling facilities, and/or wide-area disposal system are proposed to introduce in order to promote recycling MSW. The basic approach for MSW is (1) waste reduction, (2) promotion of recycling, (3) volume reduction by intermediate treatment, and (4) proper final disposal. Recycling-rate for MSW collected by local municipalities is only 4.4%. The ratio of waste treated for volume reduction is 85.6%. Cost for collection and transportation is 56%. Collection and transportation system should be improved by (1) quantitative analysis of existing system, (2) assessment of impact to convenience to citizen, cost, and environment, and (3) proposing new collection and transportation system.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(5), 422-433, 1996-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002444216
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4056919
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ