リサイクル政策の今後の課題 Future Tasks for Legislation on Recycling

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 野原 諭 NOHARA Satoshi
    • 通商産業省 環境立地局リサイクル推進課 Ministory of International Trade and Industry Recycling Promotion Division

抄録

昨年6月, 容器包装に係る分別収集および再商品化の促進に関する法律が制定され, わが国のリサイクル政策も新たな局面を迎えた。<BR>本稿では, リサイクルの推進にあたって本格的なルールを設定した同法の評価と同法が抱える中期的な課題を紹介するとともに, 同法の制定を皮切りにした今後のリサイクル政策に関して, その主要な課題を示している。具体的には, 使用済み製品や副産物といった分野別の課題, リサイクル法制全般を通じた課題をあげている。<BR>さらに今後の検討課題として次の二点を明らかにした。<BR>1) リサイクルの拡大, 環境保全の進展を考慮した技術革新 (イノベーション) への誘導<BR>2) リサイクル, コスト分析によるリサイクルの目標値の設定

The Law for the Promotion of Sorted Collection and Recycling of Containers and Packaging was enacted in June 1995. Since then, recycling activity has met with a new situation.<BR>As the object of this paper, I would like to introduce the outline of this law which establishes a real base for the rules of recycling in Japan and summarizes future tasks for legislation on the promotion of recycling activities. There are some characteristics of this law which give guidance to the sorted collection that is already existing and promote the recycling of containers and packaging. I would like to emphasize what future tasks are needed to promote recycling activities in the future, in my personal view:<BR>1) A technological innovation which considers recycling and environmental conservation is necessary.<BR>2) A mark for recycling activity with cost analysis and LCA (Life Cycle Assessment) analysis must be set.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(6), 456-461, 1996-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002444248
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4106209
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ