廃棄物処理とリサイクルの責任の所在 Prospected Role of Waste Waste Management and Recycling Activities for the Future

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

廃棄物処理をめぐる法制度の目的が公衆衛生の向上, 生活環境の清潔保持といったことから, より広い環境問題や資源の保全の視点において対応することへと変化している<BR>資源多消費型の生産・消費構造のもとで廃棄物は大量に排出され, さらに消費者ニーズの多様化によって, 有害な化学物質が含まれるため廃棄物処理は多くの問題を抱えている。<BR>使い捨て型の生産・消費構造から資源循環型のそれへと転換することが「持続可能な経済活動」の鍵となっており, リサイクルの推進のために法制度が整備されつつある。<BR>しかし, 一般廃棄物と産業廃棄物に区分され, それぞれ処理責任が体系的に示されているが, 実際には多くの廃棄物は, 自治体の処理体系に依存しているために, リサイクルを行うための責任所在が不明確である。特に安価な輸入資源に依存しているために, 事業者, とくにリサイクル資源を利用する製造者にとって, リサイクルの促進や廃棄物処理費用負担などの経済的なインセンティブが働きにくい。<BR>そこで, 今後のリサイクル法制度の課題は, すべての廃棄物は資源あるいはエネルギーとしての利用が可能であるものが含まれているとの認識を持ち, 廃棄物の定義の見直しやリサイクルのためのコスト負担のあり方を検討することにあるように思われる。<BR>「資源循環型社会」を構築するためには, ライフスタイルの見直しを含めて, さらに事業者の役割が強調されることが求められる。

The object of this paper is to summarize the prospected role of waste management and recycling activities for the future. We are currently facing some difficulty in appropriately securing a final disposal site. Human activity, the production and consumption of goods is discharging huge amounts of waste which contain various hazardous materials. We therefore have to establish an artificial resource circulation system to replace natures' self-cleaning system. We also have to more efficiently conserve limited natural resources and energy to achieve"Sustainable Development."<BR>A Resource-Circulation Society, based on wide-ranging recycling activities, must be created. Some recycling activities are not economical feasibility in Japan due to the cheaper price of raw materials or high cost of processing, etc.<BR>Legislative formulations have recently been changed to promote recycling activities.<BR>I would like to emphasize the role of enterprises and industries which are producing products and utilizing secondary materials from recycling. Consequently, there is no need to divide these into industrial waste and municipal waste, and wastes from industrial activities are treated and disposed of by municipalities right along with household waste.<BR>We have to realize that all wastes can be utilized as resources or energy, and that industry must therefore share in the recycling cost. Moreover, we have to discuss the possibilities of changing our overconsuming lifestyles which are continuously discharging huge amounts of waste.

収録刊行物

  • 廃棄物学会誌  

    廃棄物学会誌 7(6), 485-495, 1996-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002444284
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414674
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09170855
  • NDL 記事登録ID
    4106213
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ