食器に用いる無鉛釉薬の開発 Development of leadless glaze for Bonechina

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

This paper reviews the development of leadless glaze for bonechina. Boron-alkali glaze, where no new element is used to mimic lead but the remaining oxides are re-apportioned, were considered the best solution.

収録刊行物

  • 資源処理技術 : 浮選 = Resources processing  

    資源処理技術 : 浮選 = Resources processing 43(2), 92-95, 1996-08-05 

    The Resources Processing Society of Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002470666
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10136265
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    09124764
  • NDL 記事登録ID
    4012541
  • NDL 雑誌分類
    ZP41(科学技術--金属工学・鉱山工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-275
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ