水害時における一般廃棄物処理と処理システムのリスク軽減 Risk Reduction of Municipal Solid Waste Management System After Severe Water Disaster

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

長崎大水害を対象にして, 廃棄物処理システムが直接的・間接的に被害を被る場合に, 災害ごみを含めて廃棄物流動がどのように変化するかを評価するための数学モデルを構築した。水害後に実際に採用された廃棄物対策がそれぞれ講じられない場合を想定し, 廃棄物流動をシミュレーションにより推定し, 講じられた対策の効果を評価した。本研究により得られた主要な結論を要約すると以下のようになる。<BR>(1) 構築した数学モデルは, 廃棄物処理システムを構成するプロセスが一時的に機能を喪失する条件下での, 廃棄物流動を説明するモデルとして利用することができる。<BR>(2) 水害後に採用された廃棄物対策の内では, 発生源での廃棄物滞留を早期に解消する面からは, 輸送能力の増強や一時保管場の設置等の効果が著しく, 仮焼却 (野焼き) の効果は大きくなかったといえる。<BR>(3) 廃棄物処理システムを構成する各プロセスの処理能力や輸送能力等の増強は, システム内での廃棄物流動が過不足なくバランスするように調整された場合に, その効果が最大になる。

A mathematical model was developed to estimate the dynamic performance of solid waste in the Nagasaki Water Disaster, where a large amount of disaster solid waste was generated and waste treatment facilities were both directly and indirectly damaged. To evaluate the effectiveness of each option, numerical simulations of solid waste flow/stock were tried for both cases when the waste treatment option was practised and when it was not.<BR>Main results obtained in this study can be summarized as follows:<BR>(1) The mathematical model proposed in this study is promising to estimate the dynamic performance of solid waste in a waste management system, even when some processes of the system are damaged.<BR>(2) Increase of waste transportation capacity and temporal waste storage sites are effective in reducing waste accumulation at its generation site. However, open incineration is not effective among several options practised.<BR>(3) Increase of waste treatment and transportation capacity can be most effective when their capacity is balanced among each process in the solid waste management system.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(1), 8-17, 1996-01-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472239
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ