電気溶融炉による都市ごみ焼却飛灰の溶融 Melting Test for Ash from a Municipal Waste Incinerator by Electric Melting Furnace

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

塩化物を19wt%含む都市ごみ焼却飛灰に廃砂と炭酸ソーダーを添加した調合物を, 溶融塩流出部を付帯した容量約150kgの一槽式電気溶融炉によって溶融した。焼却飛灰の処理速度4.2~25.4kg/hで電力原単位, 溶融塩とスラグの分離率, 有害な重金属類の固定率を測定した。<BR>トレーサー実験におけるマーカーの最短滞留時商 (T<SUB>a</SUB>) が0.7時間より長い時, 塩化物を多量に含む廃棄物の連続的な溶融は可能であった。溶融スラグの安定条件で, 溶融スラグを得るのに要する電力の最小値は1.7kWh/kgであった。また, スラグ中の塩素濃度から求められた溶融塩分離率の最大値は97%であった。<BR>スラグ, 溶融塩中への重金属類の固定率は重金属の種類により異なることがわかった。

Fly ashes containing 19 wt% chlorides with the waste sands and soda ashes were melted continuously in an electric melting furnace with a capacity of 150 kg, which has an exit for molten salt. Consumption of electricity and separation ratios of molten salt and transfer ratios of the harmful heavy metals were measured under fly ash disposal rates of 4.2-25.4 kg/h.<BR>The wastes containing a lot of chlorides could be melted continuously when the arrival time (Ta) of marker of the tracer test was longer than 0.7 hr. In the steady condition of slag melting, the minimum consumption of electricity was 1.7 kWh/kg, and the maximum separation ratio of molten salt calculated from the chlorine concentration in the slag was 97%.<BR>Transfer ratios of the heavy metals to the molten salt or the melted slag were different according to the kinds of heavy metals.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(1), 18-27, 1996-01-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472247
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ