都市ごみ焼却にともなう亜酸化窒素の排出挙動 The Emission Behaviors of Nitrous Oxide Caused by Municipal Solid Waste Incineration

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ごみ焼却炉4施設について, N<SUB>2</SUB>Oの排出挙動および排出量を調査した。その結果, 炉内温度とN<SUB>2</SUB>O排出濃度の間に負の相関が認められた。このため, 炉の立ち上げや埋火時など, 炉内温度が低い時にN<SUB>2</SUB>O濃度および排出割合が高くなった。排ガス中のCO濃度が高い施設の場合, CO濃度とN<SUB>2</SUB>O濃度の間に強い正の相関が認められた。また, 燃焼温度が高い施設では, NO<SUB>x</SUB>濃度とN<SUB>2</SUB>O濃度との間に負の相関があらた。都市ごみ焼却炉からのN<SUB>2</SUB>Oの生成については, 気相反応による生成寄与が大きいと推測された。<BR>さらに, 都市ごみ焼却炉からのN<SUB>2</SUB>O排出量 (1990年度) を2.0~6.8Gg-N<SUB>2</SUB>O/yr〓と推定した。この排出量は, 下水汚泥焼却炉の約2倍に相当している。

Emissions of N<SUB>2</SUB>O from 4 municipal solid waste incinerators were analyzed. The results showed that N<SUB>2</SUB>O concentrations tended to be in reverse correlation to the furnace temperature. At low temperatures during start-up and burn-out, the emission rates of N<SUB>2</SUB>O were high.<BR>When CO concentrations in exhaust gas were high, there was a positive correlation between the concentrations of CO and N<SUB>2</SUB>O. It was also confirmed that NO<SUB>x</SUB>concentrations have a negative correlation with N<SUB>2</SUB>O concentrations at high furnace temperatures. This suggests that gas phase reactions may play a major role in N<SUB>2</SUB>O formation with regard to municipal solid waste incinerators.<BR>The total emission of N<SUB>2</SUB>O from municipal solid waste incinerators in 1990 is estimated to be 2.0 -6.8 Gg a year. These emissions correspond to about 2 times that of sewage sludge incinerators.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(1), 36-41, 1996-01-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472273
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ