リサイクル効果の定量化とその自動車バンパへの適用 Quantitative Evaluation Method of Recycling and Application to the Automobile Bumper Recycling

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 和田 安彦 WADA Yasuhiko
    • 関西大学工学部土木工学科環境工学研究室 Department of Civil Engineering, Faculty of Engineering, Kansai University
    • 三浦 浩之 MIURA Hiroyuki
    • 関西大学工学部土木工学科環境工学研究室 Department of Civil Engineering, Faculty of Engineering, Kansai University
    • 中野 加都子 NAKANO Kazuko
    • 関西大学工学部土木工学科環境工学研究室 Department of Civil Engineering, Faculty of Engineering, Kansai University

抄録

リサイクルの実施が社会的な目標となっている現在, リサイクルを活性化させながら環境負荷の低減化を図るためには, リサイクルが環境負荷低減化効果があることを科学的, 客観的に示すこと, およびリサイクルによる環境負荷を低減化させるための目標を明らかにすることが必要である。<BR>本研究は, リサイクル, 処理処分プロセスにおける環境負荷定量化の考え方を述べるとともに, リサイクル効果を定量化し, リサイクルにおける環境負荷を低減化するための社会システム上の問題を明らかにするために, LCAを適用する手法を提案するものである。ここでは自動車バンパのリサイクルをケーススタディとしてとりあげ, 現状のリサイクルにおける環境負荷低減化効果の有無とその定量化, 環境負荷の高いプロセスの特定とそれを解決するために必要な具体的目標を明らかにした。

In recent years, the necessity of recycling has been widely recognized. However, a social system for recycling has not been provided completely, as of yet and there is some fear that environmental impacts will increase as a result of recycling. From now on, in order to reduce environmental impacts with recycling in order to promote recycling, we have to scientifically and objectively show that we can reduce the environmental impacts with recycling. We must also make clear what will to reduce environmental impacts with recycling if we can not reduce the environmental impacts with present recycling system. In this paper, we examined the analytic method for the calculate the environmental impacts of the recycling phase using LCA method. With this method as we proposed, we showed that recycling influences a decrease in environmental impacts, and we reveal the specific process in the recycling system that increases environmental impacts.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(2), 49-57, 1996-03-21 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  2件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472285
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  J-STAGE 
ページトップへ