ごみ焼却飛灰の金属水銀除去能と除去機構 Experimental Studies on the Removal of Metal Mercury from Flue Gas using Fly Ash

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ごみ焼却施設より排出される排ガス中の水銀をバグフィルターによって除去することを想定して, ごみ焼却飛灰の水銀除去能について室内規模で実験的に検討した。既存技術の欠点を克服するため, (1) 200℃の高温において, (2) 金属水銀に対しても80%以上の高い除去率を得られることを実験の目的とした。<BR>その結果, 飛灰が上記条件を満足し, 200℃においても金属水銀に対して高い除去能をもつことを明らかにした。さらに, その除去機構は, (1) 飛灰中の水溶性化合物である塩化カルシウムと未燃炭素や多孔性無機物などの吸着能をもっ物質が関与していること, (2) 塩化カルシウムと吸着能をもっ物質が, それぞれ単独では金属水銀除去能は低く, 両者がともに存在することによって, はじめて高い除去能を発揮できることなどの興味深い知見も得た。

It is said that 70-90% of the mercury in municipal refuse incinerator flue gas is mercury chloride (HgCl<SUB>2</SUB>) and the rest is metal mercury (Hg<SUP>0</SUP>), HgCl<SUB>2</SUB>is generally easy to remove compared with Hg<SUP>0</SUP>. It is possible to remove HgCl<SUB>2</SUB>with high efficiency using fabric filters, with the gas temperature at less than 150°C.<BR>The purpose of this work, therefore, is to develop a dry mercury treatment system which achieves a high mercury removal efficiency of up to 80% for metal mercury at 200°C. The laboratory experiments were performed on fly ashes collected from electrostatic precipitators in municipal refuse incineration plants.<BR>The following points have become clear from the experiments. Metal mercury can be removed with high efficiency at 200°C using fly ash from the municipal refuse incinerator. Both adsorbent substances such as unburnt carbon and CaCl<SUB>2</SUB>contained in fly ash participates in the metal mercury removal mechanism. Adsobent substances and CaCl<SUB>2</SUB>had a low removal efficiency when taken separately, but when they were present together, they had a high removal ability.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(2), 78-87, 1996-03-21 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472308
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ