ホタテ貝殻の流動層による連続焼成 Continuous Calcination of Scallop Shell with a Fluidized Bed

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

北海道を中心に大量に廃棄されるホタテ貝殻は, 投棄場所の確保と臭気対策の問題が次第に顕在化している。カルシウム資源の一つとしての用途拡大は, これらの問題の解決と資源の有効利用の両面からもっとも望ましい方策である。<BR>本研究ではホタテ貝殻を生石灰として, あるいはそれを再炭酸化しての工業的利用の可能性を探るために, 灯油を燃料とした内熱式の流動層による連続焼成実験を行い焼成条件および装置特性について検討した。原料貝殻を3mm以下に予備粉砕することにより良好な流動化状態が維持でき, 流動層底部から連続的に抜き出した焼成品は温度850℃, 平均滞留時間が80分以上で99%以上の高い焼成率が得られた。焼成品 (生石灰) の反応性と亜硫酸ガスの吸収特性を石灰石の焼成品と比較した結果, ホタテ貝殻からの生石灰は比表面積が小さい一方で細孔径が大きいため, 脱硫反応に対して優れた特性を示すことがわかった。

Although scallops are one of the major products of the fishery industry around Hokkaido island, the treatment of waste scallop shells has been becoming an important subject from the environmental point of view because of a limitation of the space for reclamation and the bad smell they emit. Utilization of the shells in industries as a calcium source is the most desirable means for solving the above problems.<BR>In the present paper, calcination of scallop shell to produce quick lime was examined using an experimental fluidized bed reactor having a 0.16m inner diameter. Sieving the crushed shell to a maximum size of 3 mm brought about a smooth fluidization state and steady operation of the calciner. For the products withdrawn from the bottom of the fluidized bed calciner, a high calcination ratio has attained as high as over 99% at a calcination temperature of 850°C and a mean residence time in the calciner of 80 minutes. Reactivity and performance of sulfur dioxide absorption of the quick lime from the shell were measured and the results were compared with those values for quick lime from limestone. Excellent performance of sulfur dioxide adsorption was found for the quick lime from the shell, and this is obviously caused by a bigger mean size of the pores formed by calcination.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(3), 142-151, 1996-05-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472391
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ