都市ごみ焼却灰のプラズマ溶融特性 Characteristics of the Plasma Melting Process for Municipal Solid Waste(MSW)Incineration Ash

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

都市ごみ焼却灰の溶融固化処理は, 埋め立て処分場の負荷低減ならびに有害物の無害化・安定化に対して有力な手法として現在技術開発が積極的に行われている。<BR>本研究は, プラズマを加熱源とする出力300kWの実証設備を用いて, 各種焼却灰の溶融特性を求めることを目的としている。プラズマ法の特徴には, 超高温度が容易に得られることおよび熱効率が高いことなどがあげられる。溶融の供試灰は, 流動床炉およびストーカ炉からの飛灰と焼却灰を用いた。そして, それぞれの灰を単独で溶融する場合と, 飛灰と焼却灰を混合して溶融する場合について比較した。その結果, 事前に行った灰の熱重量測定結果と運転から得られるスラグ化率とが比較的良く対応すること, および灰成分のプラズマでの高温溶融時の挙動を把握することができた。溶融運転から得られたプラズマ法による溶融の熱効率は, 従来の燃焼法より高く約50%であった。また, 都市ガスによる排ガス無触媒脱硝を実施し, 脱硝率90%以上を得た。

The plasma melting process for municipal solid waste incineration ash has been demonstrated. A melting process transforms MSW incineration ash into something which is harmless and reduces the ash volume. Therefore, various melting processes have so far been suggested for effective ash treatment prior to its dumping on landfill sites. The purpose of this program is to research the characteristics of ash melting using thermal plasma as the energy source. One of the advantages of the plasma melting process is high heat efficiency, since the plasma gas temperature is extremely high. Fly ash and bottom ash emitted from the fluidized bed and stoker incinerator were tested and the melting performances were compared. The NOx reduction method using town gas has also been developed. Thermogravimetry analysis was conducted for each sample to estimate the behavior of ash components under high temperature. The results of the analysis were closely related to the value of the slag capture ratio. The experimental results indicate that the heat efficiency of the plasma process is over 50%. This efficiency is higher than that of the conventional combustion method. NOx concentration in flue gas is less than 150 ppm, and the NOx reduction ratio is over 90%

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(4), 193-201, 1996-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472463
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4028589
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ