家庭用生ごみ処理器補助金制度の実態とそのごみ減量効果 Role of Home Composting Subsidizing Program for Waste Reduction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

家庭用生ごみ処理器は, ごみの減量化策の一つとして近年注目を浴びており, これを購入する住民に補助金を助成する自治体が数多く存在している。そこで, この制度の実態をアンケート調査によって調べるとともに, そのごみ減量効果について検討した。その結果, この制度の施行期間が短く, 処理器の普及率も高くないことから, 現時点でのごみ減量効果は小さいことが示唆された。しかし, その継続的利用を図ることによりメリットが生じると考えられた。そのためには, 処理器自体の性能の改善と適切な管理方法について利用者に紹介するなどのアフターケアが必要である。

Home composting of kitchen refuse at each household has been gathering attention in recent years. A large number of municipalities, which suffer from waste problems, have been practicing a home composting subsidizing program.<BR>The situation of this program was investigated by a questionnaire survey. The results showed that approximately 80% of municipalities have adopted it. Although this program would be effective to waste reduction, it was estimated its duration period has been too short to achieve effective waste reduction so far. A back-up service for home composting device users would be necessary to keep the device being used for a long time and to get effective waste reduction.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(4), 202-208, 1996-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  15件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472477
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4028590
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ