高性能旋回燃焼式流動床焼却炉の研究 Study of High-performance Swirl Combustion-type Fluidized Bed Incinerator

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ごみ焼却に伴って発生するダイオキシン類は, 燃焼過程で残存する有機物と塩素および酸素から合成される。したがって, ダイオキシン発生を抑制するためにはまず有機物を炉内で完全に燃焼させることが重要である。このためには, 特に燃え難い固体有機物 (たとえばチャー) の燃焼を促進できる炉形状や燃焼方法の適正化が重要である。<BR>都市ごみ焼却炉から発生するダイオキシン類を抑制するために, 各種形状の小型焼却炉モデルを用いた基礎燃焼実験を実施し, 完全燃焼に適した旋回燃焼式を選定した。さらに, 20T/Dの旋回燃焼式流動床焼却炉を設置し, 実証実験を行った。この結果COはppm単位で0まで低下し, ダイオキシンはバグフィルタ前で0.1ng/Nm<SUP>3</SUP>に低減した。<BR>さらに, 完全燃焼とは相反する特性を持っ窒素酸化物についても尿素水による無触媒脱硝を試み, ダイオキシンとともにNOxの大幅な低減も可能であった。

Dioxins generated during the incineration of municipal solid waste are synthesized from organic compounds remaining in the combustion process, chlorine and oxygen. Complete combustion of the waste in the incinerator is therefore the primary requisite for preventing dioxin emission. To this end, it is essential to optimize the furnace design and a combustion method which will allow promotion of combustion, particularly for difficult-to-burn solid organic matter (such as char) .<BR>In order to control the generation of dioxins in municipal solid waste incinerators we conducted basic combustion experiments using small incinerator models of various designs, and selected the swirl-type chamber appropriate for complete combustion. Furthermore, we set up a 20 T/D swirl combustion-type fluidized bed incinerator to carry out the demonstration experi-ment. This revealed that complete combustion could be done as expected and dioxins were also reduced to 0.1 ng/Nm<SUP>3</SUP>.<BR>For increasing nitrogen oxides (NOx) with complete combustion, we tried a noncatalytic denitrification test using urea solution to find that a remarkable reduction of NOx as well as dioxins could be realized.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(4), 209-217, 1996-07-31 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  3件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472493
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4028591
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ