循環式準好気性埋立における浄化機構のモデル解析 Numerical Simulation of Self-Purification Capacity in a Recirculatory Semi-Aerobic Landfill Layer with Solid Waste

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

準好気性埋立からの浸出水を埋立地に返送する循環式準好気性埋立は, 準好気性埋立など他の埋立てに比べて浸出水中の有機汚濁物質, 特に窒素成分が早期に浄化されることが確認されている。この窒素成分の分解メカニズムを明らかにするために, 廃棄物層内の有機汚濁物質の分解に関する情報として, 廃棄物層内浸透水の深さ方向の濃度分布を埋立模型糟を用いた実験より求めた。準好気性埋立においては浸出水集水管近傍で硝化および脱窒反応が顕著に生じ, 循環式準好気性埋立では硝酸を含む浸出水を返送するため廃棄物層表層で連続的に脱窒反応が進行し, このことが浸出水中の窒素濃度を早期に低下させることを実験的に明らかにした。また, 廃棄物層内の水分移動モデルとして2成分モデルを用いて, 循環式準好気性埋立における有機汚濁成分の浄化機構を表現する動力学モデルを構築し, 浄化機構の動力学モデルの妥当性を実測値により明らかにした。

In order to elucidate the mechanism of self-purification in solid waste layers under recirculatory semi-aerobic landfill conditions, experiments were performed with lysimeters simulating, semi-aerobic landfills with or without recycling leachate, and the numerical simulations for the behavior of leachate organic carbon and nitrogenous components in solid waste layers under recirculatory semi-aerobic landfill conditions were carried out.<BR>Data from the experiments indicated that, in a solid waste layer, the depths where the biodegradation of nitrogenous components by nitrification and denitrification occurred, were very different among the semi-aerobic landfill type and the recirculatory semi-aerobic landfill type. The observed concentrations of organic carbon and nitrogen in the leachate were simulated with comparatively good coincidence by two Liquid Regions Models dividing the liquid phase in a solid waste layer into the stream region and stagnant one.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(5), 234-243, 1996-09-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472515
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4056908
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ