BCD法によるPCB汚染土壌のラボスケール化学的浄化実験 Lab-scale Chemical Remediation of PCB-contaminated Soil using the BCD Process

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

PCB汚染土壌は従来封じ込め処理のみが行われてきた。しかし, 環境に対するリスクを削減させるためには, 汚染土壌からPCBを除去することが望まれる。本研究は, PCB汚染土壌の処理技術として, アルカリ条件下で化学的に脱塩素するBCD法について, PCBに関する日本の土壌環境基準に対する適用可能性を明らかにすることを目的とする。土壌性状, PCB種類, およびPCB濃度レベルの異なる7種類の土壌試料を用いてラボスケールでのテストを行った結果, すべての実験において処理後土壌は, PCBにおける土壌環境基準である「溶出試験の検液中に検出されないこと (0.0005mg/l以下) 」を満足した。処理後土壌中のPCB含有量は0.44μg/g以下になり, 処理前土壌中のPCB含有量に対するPCB除去率は99.79%以上となった。土壌にNaHCO<SUB>3</SUB>を添加することにより, 土壌中のPCB含有量を低減する効果が認められた。また, 土壌中で一部脱塩素反応が起こっていることが示され, この機構として土壌中の有機物が水素供与体であることが示唆された。

Containment has been the conventional method for dealing with PCB-contaminated soil, however, in terms of environmental protection, it is more desirable to desorb PCBs from the soil. We have adapted the Base Catalyzed Decomposition (BCD) process for desorbing PCBs from the soil. Laboratory tests were carried out in an effort to confirm the availability of this process for Japan's environmental standard on PCB-contaminated soil. Tests using this process for treating seven different types of soil all resulted in PCB levels which satisfied Japan's environmental standard for PCB-contaminated soil.<BR>There were no PCBs detected (below 0.0005 mg/l) in the test fluid leached during leaching tests on the treated soil. Comparison of the PCB content in the soil, before and after treatment by the BCD process, indicated that a PCB removal of 99.79% was achieved. It was also confirmed that charging NaHCO<SUB>3</SUB>was effective for reducing the PCB content in the soil, and that PCBs underwent partial de-chlorination and a degradation reaction. The authors consider the organic materials to be working in the soil as hydrogen donors through those reactions.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌

    廃棄物学会論文誌 7(5), 262-269, 1996-09-30

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472554
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4056911
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ