都市ごみRDF生産のモデル化による原料ごみ選択の検討 Modeling of RDF Production for Various MSW Waste Component Scenarios

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松藤 敏彦 MATSUTO Toshihiko
    • 北海道大学工学部衛生工学科 Department of Environmental and Sanitary Engineering, Faculty of Engineering, Hokkaido University
    • 田中 信寿 TANAKA Nobutoshi
    • 北海道大学工学部衛生工学科 Department of Environmental and Sanitary Engineering, Faculty of Engineering, Hokkaido University
    • 金 贏載 KIM Youngjae
    • 北海道大学工学部衛生工学科 Department of Environmental and Sanitary Engineering, Faculty of Engineering, Hokkaido University

抄録

RDF生産においては, どのようなごみを原料とするかの選択が, プロセス構成やRDFの性状を最も左右する要因である。そこで, 本論文では可燃ごみを基準として, エネルギー削減のための厨芥排除シナリオ, 燃焼時の塩化水素ガス発生対策のためのプラスチック排除シナリオを考え, 物質収支, コスト, エネルギー収率について考察した。<BR>原料に厨芥を含めることで, RDF生産熱量あたりコスト, エネルギー収率はやや不利となるが, 搬入ごみあたりではコストダウンとなる。コスト, エネルギー収率ともに施設規模の影響が大きく, 人口5万人程度以上の自治体であれば, 焼却などのごみ処理コストと同程度でRDFが生産できる。プラスチックを排除すると, 塩化水素ガス発生量の削減には効果があるが, コスト, エネルギー面でのマイナス効果が大きい。特に, 人口規模が小さい自治体ではエネルギー収率がゼロに近くなってしまう。塩化水素ガス対策は他にも方法があるので, プラスチック排除は望ましくない。

Composition of input waste at a RDF production facility is the predominant factor for determining the configuration of processes, and the characteristics of the produced RDF. The authors modeled the following source separation scenarios: 1) combustible MSW, 2) combustible MSW without food waste to reduce energy consumption, and 3) combustible MSW without plastics to reduce hydrogen chloride gas generation during combustion.<BR>Food waste inclusion has the advantage of a lower MSW disposal cost, but lowers energy production. Plastics exclusion is highly disadvantageous both in terms of cost and energy performance, especially when the RDF production facility is small in size. Because HCl gas can be reduced by other technologies or equipment, using combustible waste without removing food waste and plastics is the best choice as raw material for RDF production.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(6), 295-304, 1996-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472572
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4106216
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ