PCBの化学的脱塩素処理に関する速度論的解析 Reaction Kinetics of PCB Decomposition by Chemical Dechlorination

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

PCBは人体への有害性から, 製造および新規使用が禁止され, 使用済みのものは保管が義務付けられている。長期保管による容器の老朽化による漏洩の危険等から, 無害化処理技術の確立が早急に望まれている。<BR>BCD法は液相脱水素反応を利用した有機塩素化合物の化学的脱塩素処理プロセスである。この反応機構は水素供与体物質から生成した水素ラジカルが有機塩素化合物中の塩素と置換することにより無害化させる。<BR>本論文ではBCD法の確立を目的として, 反応速度に影響をおよぼすと考えられる因子について検討し, 最適反応条件の知見を得ること, および完全な脱塩素の確認を目的とする。<BR>検討の結果, BCD法による脱塩素反応は一次反応と見なすことができ, 活性化エネルギーを算出した。アルカリの添加量は反応速度に影響をおよぼすことが確認された。反応生成物である無機塩素を定量し, 脱塩素反応が生じていることを確認した。

Polychlorinated biphenyls (PCBs) were found to cause a liver disorder, so their production and use was banned and the possession of them becoming obsolete is now mandatory. However, the result of holding such equipment over a long period of time was that containers became more and more time worn with an increased danger of PCB leakage. These are reasons why prompt establishment of a technique that can detoxify PCBs is desired.<BR>The Base Catalyzed Decomposition (BCD) process is based on the formation of hydrogen radicals through a liquid phase dehydrogenation reaction. Hydrogen radicals generated from hydrogen donor substitute chlorine atoms of PCBs and PCBs become non-toxic biphenyl.<BR>To establish the BCD process, this report examines the rate-limiting factors that are considered to influence reaction rate. This was done to obtain findings for determining the optimum reaction conditions, as well as examine the reaction products to ascertain the complete dechlorination. The dechlorination reaction by BCD process could be assumed as a first-order reaction and the activated energy was obtained. It was confirmed that the amount of sodium hydroxide being added has an influence on the reaction rate.<BR>One hundred percent dechlorination was confirmed by a quantitative analysis of inorganic chlorine as a reaction product.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(6), 305-311, 1996-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472585
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4106217
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ