焼却灰炭酸中和溶出液中硫酸塩還元反応に対する灰特性および植種の影響 Influence of Ash and Inoculum Characteristics on Sulfate Reduction in Incinerator Ash Leachate Neutralized by CO_2 injection

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ごみの焼却比率の増加とともに, 廃棄物埋立地中の重金属による環境汚染ポテンシャルが高くなっている。筆者らは, 焼却灰溶出液中の微生物学的硫酸塩還元における温度, pH, ORP, TOCなどの環境条件の影響について研究を行ってきている。本研究では, 8つの施設の灰を用いて焼却灰溶出液中での硫酸塩還元反応における灰特性および植種の影響について検討した。<BR>その結果, 炭酸中和焼却灰溶出液中での硫酸塩還元反応は, 灰溶出液中のTOCが約200mg/Lのときに十分進行した。そして, 菌数の多い下水消化槽汚泥を植種として与えたとき硫酸塩還元反応が活発に進行した。また, その反応は主に乳酸資化性 (不完全酸化) の硫酸塩還元反応であった。

With increasing amounts of municipal solid waste treated by incineration, there is an increasing potential for environmental pollution by heavy metals from incinerator ash. The research team previously investigated and published on the fundamental condition (Temperature, pH, ORP, TOC) of biological sulfate reduction in incinerator ash leachate. In this paper, ash from 8 incinerators was studied to determine the influence of ash characteristics on sulfate reduction in ash leachate neutralized by CO<SUB>2</SUB>injection. Also, influence of the inoculum source was studied.<BR>Consequently, the following conclusions were obtained.<BR>1) Considerable sulfate reduction occurred when the TOC in ash leachate was higher than 200 mg/L.<BR>2) When highly active inoculum was used, a quick and large sulfate reduction occurred.<BR>3) The main process of sulfate reduction was incomplete lactate oxidation.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(6), 312-319, 1996-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472596
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4106218
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ