使い捨てレジ袋の有料化政策の評価 Evaluation of the Imposed Charge on Disposable Polyethylene Bags at Supermarkets

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

レジ袋の有料化方式についての御殿場市の一般市民へのアンケート調査では, レジ袋を有料化した場合の賛否は, 反対が20.6%に対して賛成が78.1%と賛成が圧倒的に多かった。また, 一般市民へのCVM (仮想市場法) によるアンケート調査では, 5円の有料化が実施された場合, 16.9%の市民が買物袋を持参するとし, 10円だと44.2%の市民が買物袋を持参すると回答している。これに対して, 実際に有料化している店舗では, 5円の有料化では来店者中の73.2%の消費者が買物袋を持参し, 10円だと91.8%の消費者が買物袋を持参している。CVMによるアンケート調査結果との比較では, 5円では56.3%の差が, 10円だと47.6%の差がある。つまり主として仮定バイアスとCVMの回答方法が選択肢回答方式 (open-ended question) であるために, CVMの方が約5~6割低いバイアスが観察された。

The citizens of Gotemba city were asked whether they approved or disapproved of introducing a monetary charge policy for supermarket bags. Results showed that 78.1% approved of the policy. More over when we asked what would happen if a 5 yen charge were introduced, 16.9% answered that they would bring their own shopping bags. In the case of a 10 yen charge, 44.2% would bring their own. In the follow-up investigation into actual conditions, we found that 73.2% did indeed bring their own bags at the 5 yen charge policy, and 91.8% brought bags at the 10 yen rate. These results provided an interesting comparison of investigation by the questionnaire by CVM and the actual conditions. The difference between these at the 5 yen rate was 56.3% and at the 10 yen was 47.6%. That is to say, there is a "Hypothetical Bias" and the difference between an open-ended question and a closed-ended question was mainly observed with the CVM questionnaire answer being 50-60% less than actually observed.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(6), 320-329, 1996-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  17件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472606
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4106219
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ