小型流動床式都市ごみ焼却炉におけるクロロベンゼンおよびクロロフェノールの測定 Measurement of Chlorobenzenes and Chlorophenols from a Small-Scale Fluidized Bed Type Incinerator for Municipal Solid Waste

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では都市ごみ焼却炉のガス中のクロロベンゼンおよびクロロフェノールを測るために, サンプリング方法と分析方法を提案した。サンプリング系について, ドレントラップの温度および捕集ガス速度を変え, この変化が捕集率に与える影響を調べた。実験結果によると, 低い温度のドレントラップと遅い速度で捕集ガスを流すことにより高い捕集率が得られた。捕集したガスを分析するため, 標準物質を利用した回収実験の結果を基本として前処理方法を提案した。回収実験中の標準物質の損失は20%以下だった。以上のサンプリング方法と分析方法を用いて, 小型流動床炉からのガスおよび二次燃焼室からのガス中のクロロベンゼンとクロロフェノールの濃度を測定した。

The sampling and analysis method is proposed for the measurement of chlorobenzenes and chlorophenols in emission gas of a municipal solid waste incinerator, based on results of recovery tests. The sampling method was evaluated by varying the sampling gas temperature and flow rate. According to the results of recovery tests, the lower temperature of sampling gas attained a higher absorption efficiency of diethylene glycol, and the low flow rate of sampling gas was beneficial to the activated carbon chip trap. In the analysis of sampled gas, the clean-up method was elaborated based on standard compounds. The amount of loss for each standard compound during clean-up procedure was less than 20%. Finally, two types of gas, one from the upper part of the fluidized bed and the other taken from the outlet of the secondary combustion chamber, were sampled and analyzed by the method proposed in this paper.

収録刊行物

  • 廃棄物学会論文誌  

    廃棄物学会論文誌 7(6), 330-338, 1996-11-30 

    Japan Society of Material Cycles and Waste Management

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002472624
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10414685
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1883-1648
  • NDL 記事登録ID
    4106220
  • NDL 雑誌分類
    ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z16-2213
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ