製造物責任制度とその意義および日米欧の状況 Product Liability System, Its Meanings and Its Stales in Japan, America and Europa

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 36(3), 175-182, 1997-06-15

    安全工学協会

参考文献:  3件中 1-3件 を表示

  • <no title>

    宮村鐵夫

    PL制度と製品安全技術, 1995

    被引用文献5件

  • <no title>

    NOEL D. W.

    Products Liability-Cases and Materials-, 1982

    被引用文献1件

  • <no title>

    安田総合研究所

    製造物責任-国際化する企業の課題, 1991

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002473449
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    4235631
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ