都市の危険性を評価する -地域別出火・延焼危険度測定- Risk Assessment of Earthquake Fire in Tokyo -Risk of Fire Outbreaks and Fire Spreading Nature by Area-

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p><tt><b>地震時の火災による被害を軽減するためには,地域ごとにどの程度の出火が見込まれるか,また,出火した場合,延焼面積はどの程度になるか,その危険性を予測し,それぞれの危険性に応じた対策を効率的に立てていくことが重要である.本稿では,震災対策の一環として,地震時の出火および延焼拡大</b></tt><tt><b>の危険性を地域別に評価する地域別出火・延焼危険度測定について紹介する. </b></tt></p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 36(6), 352-360, 1997-12-15

    安全工学会

参考文献:  13件中 1-13件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10002473643
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    4364219
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ